未分類SEO(検索エンジン最適化)ホームページ制作の肝ちょっとした配慮Google Adsense便利なサイト作成支援サービス
ホームページ制作やSEO対策に関してのアイデアブログです。ホームページ制作やSEO対策についてのアイデアをメモ代わりに書きますが、ホームページ制作やSEO対策に関心のある人にとって有益な情報を掲載します。
<2007年1月26日開設>  回の訪問がありました。


↑  2006年2月半ばから始めましたが、年間1000ドル程度の収入を計上。
広告は自動配信で管理も要りませんし、この収入はかなり有難いです。(^^

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 この記事に関しての感想・考察・意見・トラックバック等々、
皆様のご指導・ご教授をいただけると幸いです。
インターネット上で本音で語れたらどんなにいいかと思います。

2007.01.29 Mon
読みやすい体裁を考える Vol.2

 前回に引き続き、「読みやすい体裁」をテーマに。
メモっぽくはない書き方ですが、
「自分のための覚書」という意味で、原義には当てはまります。(笑

・読みやすい体裁の重要な使い方

 読みやすい体裁は、タイトルの見せ方や目次の構え方、
一行の長さや行間の広さなどいろいろな要素から成り立っています。
多くの場合、これらの工夫を施すことによって、
文章というのは視覚的に随分ユーザーにとって優しいものになります。

 大事なことは、
一度整えた体裁は今後も継続して使用していくことです。
たまたま、とか気まぐれではなく、
いつもユーザーのことを考えられなければ、
最適なウェブサイトとは言えないはずなんです。


 何より、一つのことを貫いて生きている人はかっこいいですしね。
スポンサーサイト




 この記事に関しての感想・考察・意見・トラックバック等々、
皆様のご指導・ご教授をいただけると幸いです。
インターネット上で本音で語れたらどんなにいいかと思います。

2007.01.29 Mon
読みやすい体裁を考える

 ホームページ制作をする上で、
大半の人が文章を書くことになるわけですが、
本当に良いサイトというのは、文章の体裁が非常に整っています。
例えば、

・目次や項目がしっかり表示されている

 これは非常に重要ですね。
こういうことをエディトリアルデザイン(ウィキペディアへ)というらしいんですが、
トラフィックの多い文章サイトに見える共通点として、

「タイトルの表示が明確だ」
視覚的に読みやすい文章を心がけている」

と、いろいろな要素があるように思われます。


 これまで、このブログではあまり体裁が整っていなかったと思うので、
このメモを通じてそういったことにも配慮していこうかと。(笑




 この記事に関しての感想・考察・意見・トラックバック等々、
皆様のご指導・ご教授をいただけると幸いです。
インターネット上で本音で語れたらどんなにいいかと思います。

2007.01.26 Fri
・来訪者の入り口はトップページだけではない!

 サイトの入り口は、トップページだけではありません。
というのも、ある程度充実したコンテンツをもったサイトなら、
トップページからリンクを辿った末端のページに、より内容に突っ込んだコンテンツがあるからです。

 末端のページは情報が充実しているため、
検索エンジンはトップページよりも、内容の定まった末端ページを検索結果に出すことが多いです。

 このことを踏まえて、
末端ページについて、非常に敏感になっておきたいのが
「末端ページが来訪者を受け入れられる状態になっているか」です。


 末端ページを、
「当然トップページからリンクを辿ってくるものだろう」という考えだけで制作していると、
検索エンジンから突然入ってきた人は、
「サイトのタイトルもないし、他のページへのリンクもない。
 検索結果へ戻ろう。」
とすぐに戻ってしまいます。

 末端ページを作る際には次のようなことを注意しておきたいです。

・サイトのタイトルやタイトルロゴが置かれているか
・他のコンテンツへ移動するためのメニューがあるか
・そのページにふさわしいキーワードがあるか
・そのページに関連した適切なリンク先があるか




 この記事に関しての感想・考察・意見・トラックバック等々、
皆様のご指導・ご教授をいただけると幸いです。
インターネット上で本音で語れたらどんなにいいかと思います。

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。