未分類SEO(検索エンジン最適化)ホームページ制作の肝ちょっとした配慮Google Adsense便利なサイト作成支援サービス
ホームページ制作やSEO対策に関してのアイデアブログです。ホームページ制作やSEO対策についてのアイデアをメモ代わりに書きますが、ホームページ制作やSEO対策に関心のある人にとって有益な情報を掲載します。
<2007年1月26日開設>  回の訪問がありました。


↑  2006年2月半ばから始めましたが、年間1000ドル程度の収入を計上。
広告は自動配信で管理も要りませんし、この収入はかなり有難いです。(^^

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 この記事に関しての感想・考察・意見・トラックバック等々、
皆様のご指導・ご教授をいただけると幸いです。
インターネット上で本音で語れたらどんなにいいかと思います。

2007.01.31 Wed
フィルタ機能で合法的にGoogle Adsenseの単価をUPさせる

 Google Adsenseの報酬を上げるため、様々なテクニックが叫ばれています。
しかし、お金がかかったり登録しなきゃいけなかったり、
個人的には非常にわずらわしい、うっとうしい感じがします。
この記事では、GoogleAdsenseの公的な機能である、
「フィルタ」を用いてクリック単価を上げる方法を書きます。

・Google Adsenseの単価を上げるための方法とは!?

 多くのサイトで、
「単価の高いキーワードでコンテンツを作成する」
「単価の高いキーワードを探してくる」
等の話をしていますが、確かにそれらも有効かもしれません。

 しかし、キーワードは入札で決まるもの。
当然、高いものもあれば低いものもあります。

 Google Adsenseのクリック単価を上げるための方策は、

「単価の低い広告をフィルタで表示しないようにする」

ことです。
これは、アクセスの多いサイトも少ないサイトでも、
一様に最も効果のある方法だと思います。

 私は情報商材が大嫌いなので、
もしかしたら情報商材やレポートで言ってるようなことかもしれませんが、
どんどんばらしていったほうがいいと思っています。
自分の知っている有益な情報は、どんどん出します。


 キーワードの単価と、広告主の1クリック単価を調べるには、
オーバーチュアツールのサイトに行きましょう!
2番目の、「入札価格チェックツール」がかなり使えます!
登録は不要です。
キーワードでの広告単価がずらーーっと並んだとき、正直驚きました。



http://www.overture.co.jp/ja_JP/rc/srch/tools/tools1.php




 続いて、アメリカに端を発する、
悪質な?広告主を皆でリストアップしていくブラックリスト、
先週くらいに、日本版が登場しました。
「Google Adsense ブラックリスト日本版」というサイトです。
ここも使うだけなら登録は不要です。



http://www.webpersons.info/adsbl/?genre=0&type=0&rate=1




 実際、ブラックリストや入札価格チェックのURLをフィルタに登録したことで、
1クリックの単価はそこそこ向上しました。
おかげで、広告表示回数1000回辺り1ドルを割るようなことはなくなりましたし、
2ドル、3ドルということもままあるため、非常に助かっています。


 Adsenseの報酬UP策として、アクセスを増やすことはかなり大変ですし、
1クリックで0.10ドルよりは、1クリックで0.50ドルとかのほうがずっと嬉しいですからね。
いろいろ試していきたいものです。
スポンサーサイト




 この記事に関しての感想・考察・意見・トラックバック等々、
皆様のご指導・ご教授をいただけると幸いです。
インターネット上で本音で語れたらどんなにいいかと思います。

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。